ダイビングパラダイス、 チャンディダサにあるダイビングサービス「ダイブライト」

ニュース!

2016年7月発見。メディア未発表、まだどこまで続いているかわからない、神秘の水中洞窟「シークレットケーブ」。洞窟内にはヒカリキンメが乱舞し、それはもう幻想的な世界が広がっています。

 

 

第一弾!2018年6月1日から6月30日のはじめてキャンペーン

2018年6月1日から6月30日までにダイビングパッケージをお申込で、はじめて当店をご利用になられるお客様に関しましては、期間に関わらず、全器材無料サービスキャンペーンをおこないます。ご予約の際はかならず、 code.hajimete.campaign.No1 とご記入願います。

 

 

第二弾!2018年7月1日から7月31日のはじめてキャンペーン

2018年7月1日から7月31日までにダイビングパッケージをお申込で、はじめて当店をご利用になられるお客様にで、経験本数20ダイブ以下かダイビングのブランク3年以上の方の、ダイビング初日のプライベートダイブ(もしくはセミプライベート)料金(プライベート料金通常USD50、セミプライベート通常USD60(2名様分)を無料にて提供します。

 

経験本数が少なくバリ島でのダイビングに不安を感じている方、かならず日本人インストラクターが担当し、ダイビング初日のリフレッシュダイブを兼ねた安全なダイビングツアーを開催します。ご予約の際はかならず、 code.hajimete.campaign.No2 とご記入願います。

 

 

  2018年度インドネシアのツアーご紹介

なかなか個人では手配が難しい秘境海域を、当店日本人インストラクターが添乗することで、ツアーを開催しております。詳細は以下を参照ください。

https://www.divelite.com/divesitesspecialtours.html

バリ島の空港から車で1時間半、チャンディダサに面したアムック湾は類稀な希少生物の宝庫です。

昔ながらの漁法で生活をするチャンディダサ村。そんな素朴な村での滞在は、きっとあなたの心をリフレッシュしてくれるでしょう。

物価が安いので、長期滞在者が多いのも、チャンディダサの特徴。屋台街もあり、ローカル生活満喫。

ダイナミックな地形と魚影、サンゴ礁に満たされたワイドな景観がチャンディダサの魅力です。

チャンディダサに隣接するパタンバイは、穏やかな海域が広がり、沈船や珍魚も多く見られるマクロ生物豊富な海域です。



私たちについて

1998年9月に開業しました。今年で20年目を迎えますが、気持ちはいつでも初心に戻って,お客様をお迎えします。

 

パッケージ料金

空港往復送迎、ダイビング、ホテルすべて含まれたお得なパッケージ料金です。

 

 

ホテル料金

当店から徒歩圏のホテルを格安価格(最安値保障、キャンペーン除く)でご紹介します。

チャンディダサって

人気ポイントの中心にあるチャンディダサなら、移動時間がかかりません。早朝、追加、ナイトダイブまで格安にダイビング三昧できます。

ファンダイブ料金

チャンディダサワイド派、パタンバイはマクロ派とバラエティ豊かなポイントがチャンディダサ周辺に点在しています。

 

送迎料金

当店の送迎車はすべて政府から営業車として許可を受けています。空港送迎、陸上観光も手配します。

 

 

 

 

 

ダイブサイト

当店オリジナルポイントをはじめ、ダイバーが少ないポイントをメインに全40か所以上のポイントを紹介します。

 

講習料金

PADIコース随時開催、インストラクター歴31年、講習生3000人以上を数えます。

 

 

マンボウに出合い やすい日程表

2003年よりマンボウ予想表を発表。マンボウ捜索、発見、観察、保護のパイオニアです。


お問い合わせ

なんでもわからないことは、メールでお問合せください。メールが届き次第、24時間以内の返信をいたしますが、稀にインドネシア側のネット通信の不調でメールが届かない事例があります。

24時間たっても返信がない場合は、申し訳ありませんが、メールの再送をお願いします。

メモ: * は入力必須項目です


 

 

正式な予約はこちら予約フォーム

 

 


      

 

 

                 今日のUmi Umi 情報

            カレー、ヒラメ?正体はタコの擬態でした

 

 

 

 

アグン山噴火活動の現状と、当店の対応策

 

2018年2月10日にインドネシア火山地質災害対策局は、火山活動が落ち着いてきてことを踏まえ、警戒レベルをレベル3に下げました。現在の危険区域は、火口より半径4キロ圏内になっています。

 

アグン山火口からチャンディダサまでは27,1キロの距離があります。噴火活動当時からインドネシア火山地質災害対策局が発表した危険地域に指定されたことはなく、また、今世紀の火山噴火の歴史でもチャンディダサまで溶岩が押し寄せてきたケースは皆無です。

 

アグン山からチャンディダサまではいくつもの山脈が連なり、溶岩などが直接流れて来れない自然環境が影響しているものと考えます。

 

ダイビング活動には現在までアグン山噴火活動後も、なんら支障なく通常営業しております。

 

とはいえ、当店のご利用を考えているお客様の不安を少しでも少なくするため、当店では以下のような対応をいたします。

 

バリ島来島前の対応:

キャンセルチャージ不要。アグン山火山の影響で、チャンディダサ地域が危険区域に指定された場合、キャンセル規定に関係なく、当店お申込のダイビング、送迎に関しましてはキャンセルチャージはいただきません。ホテルを当店を通して予約された場合は、それぞれホテルの規定に準じます。

 

バリ島滞在中の対応:

キャンセルチャージ不要アグン山火山の影響で、チャンディダサ地域が危険区域に指定された場合、その後のダイビングのキャンセルチャージはいただきません。また、空港への送迎、飛行機の確認、変更手配等出来る限りのサポートをいたします。

 

また、最新情報を収集し、お客様に迅速に開示します。場合によっては防塵マスクの配布、ロンボク島、ジャワ島への空港への移動(バリ島の空港閉鎖を想定)などもサポートします。

 

ちなみに、天災地変の場合の保険金の請求は保険会社によって対応はさまざまです。海外傷害保険に加入することは勿論ですが、事前にお客様の方でも保険内容のご確認をお願いします。

 

現在まで、チャンディダサではダイビング活動に支障をきたしていないとはいえ、今後の自然活動の状況によっては予測できないような災害も否定できません。バリ島の旅行の決定は、お客様の判断でお願いします。

 

 

 

 

DIVELITE is based in Candidasa for 20 years.

 

We appreciate your support.

 

 

 

 

PT.DIVELITE  Jl,Candidasa,Karangasem,Bali-Indoneshia 80851

Tel+62-363-41660 Mobile +62-812-3632-6006(24HR日本語 or ENGLISH) 

Email  info@divelite.com  divelite@indo.net.id dive41660@yahoo.co.jp

 

Copyright(C)2001-2018 DIVELITE.,Inc All Right Reserved

インドネシア バリ島 チャンディダサ ダイビング 日本人インストラクター マンボウ モラモラ マンタ ナポレオン カンムリブダイ ヒカリキンメ ギンガメアジ 

PADI パディ パタンバイ トランベン  アメッド ヌサペニダ スキューバダイビング テペコン島 ミンパン岩礁

scuba diving bali candidasa sunfish mola mola padi amuk bay padangbai amed tulamben

 

 

パソコン版  ENGLISH

これはスマートフォン版です