ダイブサイト

 

 

CANDIDASA-チャンディダサ

 

沖合いに広がる小島、岩礁群。目の前にありながらバリ島で最もエキサイティングなダイビングポイントです。潮見表と水面コンデションを双眼鏡で目視確認することでベストな時間帯を割り出します。

世界でも類のない、バリ島のマンボウ生息地(7月ー10月)のひとつがここ、チャンディダサの海域です。

 

当店前からボートで5分から15分。中上級者向け。チャンディダサ沖合いには、バリ島でもっとも個性的なポイントが連なります。

 

ダイビング前に双眼鏡でポイントのコンデションを観察し、潮の流れを確認後、ダイビングに出発。まずは、ホワイトチップシャークが集結する、シャークポイントがあるミンパン岩礁。シャーク以外にも回遊魚系が多く、季節によりテペコン島も含め、マンボウも出現します。

ミンパンウォールはシャークポイントをさらに過ぎた、岩礁裏側のポイントです。急傾斜なウォール、手付かずのハードコーラルの群生は見事なポイントです。

テペコン島ブルートンネルはトンネルがいくつもあり、特に「ブルートンネル」は長さが10M。トンネルを抜けるとダイナミックな急傾斜なウォールが眼前にそびえたちます。

テペコン島キャニオンは、潮の流れが複雑ですが、その分魚影は濃く、いくつも連なったキャニオンは、地形好きダイバーにはたまらないポイントでしょう。

テペコン島のさらに沖合いにはビアハ島があります。ここはバリ島でもっとも大きなケーブがあり、テペコン島同様、切り立った急傾斜なウォールはダイナミックです。ケーブ内は直径5m、奥行き15mほどあり、シャークや巨大なロブスターが見られます。

ビアハ島に至るブクブク海岸沿いには美しいソフトコーラル、ハードコーラルが広がるコーラルファーレストがあります。ダイバーが皆無なこのポイントのコーラルを存分に楽しみましょう。また、ウォール沿いは魚影も濃く、地形も楽しめます。

さらに、ビアハ島を越えてホワイトビーチを過ぎた半島沿いを潜るタンジュンブクブクもソフトコーラル、ハードコーラルが美しいポイントです。コブシメの産卵なども良く見られます。

また、2016年にアムック7湾内に新しい洞窟も発見しました。現在、30メートルほどの奥行まで調査完了。まだまだ奥まで続くこの新洞窟「シークレットケーブ」の今後の調査にご期待ください。

当店から南へ20分ほどボートで移動すると、ハゼのコロニー地帯、ゴビーパラダイスがあります。
。ここは、マクロ生物の宝庫です。ゴビー以外にも、カサゴ、オコゼ、カエルアンコウ、イッポンテグリなどから、ウミウシ類も見ものです。また、潜水艦運営会社の係留地にはその会社が沈めた、沈船、仏像などがあり、漁礁化しています。枝珊瑚の養殖もおこなわれています。


当店前のオリジナルポイント、チャンディダサビーチ(ダイブライトフロント)は潜り足りないダイバー向けのバディセルフポイント。水深10mほどしかありませんので、のんびり甲殻類や魚の稚魚を見つけてみましょう。手付かずのハードコーラルが覆っています。

 

また、さらに、ボートで30分ほど移動すると、中上級者向けですが、セラン島(最小催行2名やリパ沈船があります。

セラン島は流れが強いですが、バラクーダやイソマグロなどの群れが見られ、リパ沈船はマクロ生物が豊富です。また、ハードコーラルもそれぞれ見ものです。



 

PADANG BAI-パダンバイ

 

マクロフッシュの宝庫としてダイブライトがフィッシュウオッチ派に強力にお勧めするこのエリア。白い砂地に美しいサンゴ礁もこのポイントをさらに印象強いものにしています。

 

車で20分、ボートで5分、もしくは、ショップからボートで30分。初心者からOK。


ブルーラグーンは白砂とサンゴのある浅瀬にさまざまなマクロ生物が生息。カエルアンコウやカサゴ、ハオコゼから、甲殻類、ウミウシなど擬態が上手な生物が多く生息します。カメラ派ダイバーに人気のポイントです。


また、水温によりコブシメの産卵の観察やボロカサゴなどのレア物も出現。

隣に位置するテンプルポイントやパシルプティ、シラユキウォールはそれぞれテーブルサンゴや枝サンゴが美しく地形もおもしろいポイント。マクロ生物も豊富です。

テンプルポイントではナイトダイブも楽しめます。

 

 

 

                 AMED-アメッド

 

穏やかな流れに乗ってのドリフトダイブとソフトコーラルが生い茂るウォールダイブが楽しめるポイントです。

 

車で50分、ボートで5-10分。初心者からOK。ライトウォールは魚影が濃く、レフトウォールはダイナミックなウォールダイブがのんびり楽しめます。

ナポレオンやカンムリブダイの群れや、アジ、フエダイ、ツバメウオの群れが良く見られます。ソフトコーラルは見ものです。

また、通称ピラミッドと呼ばれる、ブロック塀群は漁礁化して、多くの魚が生息します。

パンタイビアスランタンは最大深度10メートルほどの完全マクロダイブ。カサゴ、ウミウシ、フリソデエビなどが見られます。

 

 

 

TULAMBEN-トランベン

 

プランクトンの豊富さのためか、魚体が大きく、生物層が濃い、バリ島で最も人気のあるエリアのひとつです。

 

車で1時間のビーチポイント。リバティ号沈船は全長120メートル。水深も比較的浅めで流れもなく、初心者から写真派、上級者まで楽しめるマルチポイントです。


当店では、外周、船内、マクロ生物観察と3通りの楽しみ方を提案。早朝、もしくはナイトダイブではカンムリブダイの起床、就寝風景が見られます。神秘的なフラッシュライトフィッシュの乱舞は圧巻です


クブドロップオフ
もビーチからエントリー。ダイナミックなウォ-ルダイブが楽しめます。

ボートで5分ほど移動したバトゥケレビットは、棚状のウォールや砂地と地形が多彩。魚影が濃いのも特徴です。


リバー
はミンピホテル前のビーチポイント。浅瀬に広がるハードコーラル上にデバスズメダイが舞い、幼魚、成魚、老成魚と黒、蒼、黄色の色彩変化の様子も良く見られます。また、推定千匹以上いると思われるクマノミ城は圧巻です。

スラヤホテル前
はマクロカメラ派向けのマクロポイントです。甲殻類やウミウシ、カエルウオが良く見られます。

 

クブ沈船は最近ダイバー用に沈められました。まだ、沈船自体が新しいため、コーラ類や魚影は少ないですが、船の損傷が少ないので、船内ダイブは楽しめます。

 

バトゥベラ、ブラカンなど周辺にはマクロ生物メインですが次々と新しいポイントが誕生しています。

 

 

ほかにオプションポイントとして、マンタポイントやマンボウポイント、さらにハードコーラルが美しいヌサペニダ島、マクロ生物の宝庫、パンタイジャティ、またムンジャンガン島も不定期ながらリクエスト次第でツアー開催いたします。

 

 

 

 

PT.DIVELITE  Jl,Candidasa,Karangasem,Bali-Indoneshia 80851

Tel+62-363-41660 Mobile +62-812-3632-6006(24Hr日本語、ENGLISH) 

 

Copyright(C)2001-2018 DIVELITE.,Inc All Right Reserved

インドネシア バリ島 チャンディダサ ダイビング 日本人インストラクター マンボウ モラモラ マンタ ナポレオン カンムリブダイ ヒカリキンメ ギンガメアジ 

PADI パディ パタンバイ トランベン  アメッド ヌサペニダ スキューバダイビング テペコン島 ミンパン岩礁

 

パソコン版  ENGLISH

これはスマートフォン版です